電気工事施工管理技士の資格でキャリアアップ!

絶対に仕事につながる電気工事施工管理技士の資格情報!!

電気工事施工管理で広がるキャリアアップの可能性

電気工事施工管理は就活にも有利に働く電気工事の技術者資格です。

この資格があれば、電気工事に関する施行計画を立てたり、工程を管理したり、工事の安全管理を担う役割をする仕事に就くことができます。

電気工事の施工技術が安定していることだけでなく、工事自体の品質や工程管理ができることを、電気工事施工管理の保有者をおくことで保証する効果があり、官庁がかかわる電気工事においては、施工現場には電気工事施工管理を有する者が、現場代理人として就くことが定められています。

必要とされている現状は求人サイト(参考:電気工事施工管理技士の求人サイト)を見れば一目瞭然です。

規模の大きい電気工事を請け負う会社に勤める場合で、電気工事関係の資格の取得を考えているなら、考慮しておきたい資格と言えるでしょう。

試験を受けるためには、学歴や実務経験などの規定があり、誰でもすぐに受検ができるわけではありません。

試験内容には学科と実地試験があります。

難易度は1級の合格度が25パーセント、2級では40パーセントの人が合格するといわれています。

1級、2級とも、この資格があれば社会保険労務士の受験ができたり、2年の実務経験があれば、1級合格で建築設備士の受験資格がえられたりと、その後のキャリアアップのための受験資格のチャンスも広がります。